セルフイメージを書き換える方法

セルフイメージとは?

自分の事ってわかっているようで、あまりわかってないものです。

そして、小さな頃に言われて傷ついたことを
セルフイメージとして捉えていることもあります。

例えば、私は親に
あんたは誰とも合わない
と親に言われたことがありました。

そして大きくなってから恋愛が終わると、
その言葉がふと頭をよぎったりするのでした。
私は誰とも合わないから・・・

うわ~
書いてて暗いっ

今は、もぅそんなことは全く思いませんけどね。

なぜ思わないか?

世の中には沢山、沢山の人がいるんですよ。
合わない人がいるのも当たり前で
合う人がいっぱいいるのも当たり前なんです。

誰とも合わないって考えるほうがおかしい。

そこをそんなに深く思うのは、視野の狭い
子供だったから。

親の言葉を深く鵜呑みにしてませんか??

私も親になり、思ってもいない
言葉で子供を傷つけたりしてしまいます。

ずーーっと覚えていられたら困ること
言っちゃうこともあるのです。

近い存在は、ぶつかりやすい。
当然ですよね。

親子はずっと親子だけど
永遠に命が在るわけではないです。

いつか別れはくるし、
私のように1歳で父親との別れをする人も。

親との関係が悪いのも、改善しなさいなんて
偉そうなことは言いません。
経験として受け入れて
最終的に自分の為になったと
感謝に変えられるといいですね。

私は、親子関係は良いです。
一緒に住んでいないからというのも
一理ありますけど。

金山慶允さんとお話した時のことを思い出しましたが
会社をやめたことは親には半年くらい経ってから
話したと仰ってました。

私も、もぅ親に相談する年でもないので
何かする時は、成果が出て半年くらい経ってからで
いいなと思っています。

>>金山さんの音声教材の購入はこちらから<<

>>あめののヒーリング付きで購入する方はこちら<<

今日も読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す