奇跡のヒーラーダスカロスについて

私がヒーリングを仕事とするようになったのは2010年
ヒーリングの依頼があれば、施術させて頂いてます。
実際に会ってのヒーリングは私が受けることを了承した方のみとなっています。
遠隔ヒーリングもしています。

方法としては、手当てです。
メッセンジャー(神様といってよいのか、サムシンググレートというのかわかりませんが
自分の意志とは違う存在が何か言ってくるので、)を通じて相談しながら決めます。

ヒーリング後20時間寝てしまった方もいました。
だいたいヒーリング後は眠たくなります。
ヒーリング中もいびきをかいて寝る方が続出(笑)
眠りに落ちるときは、とても効果が高いようです。

目指せダスカロスという訳で、
私は足元にも及びませんが
ご縁あって施術を受けてくださった方々の中には
症状の軽減もあったり、人生の転機の前に会うことになったり
亡くなった方からのメッセージなどもあります。
心を洗うといった事に近いかもしれません。

根本から瞬時に治るということは、まだ経験しておりません。
私がそれを、望んでいないのかもしれません。
なので、ダスカロスという訳にはいきませんけど

それから
ヒーリングの依頼が意識のない方の場合、
その方の意識とコンタクトするのですが
ご本人が生きることを望まない場合もありました。

それを伝えるのは、本当に辛い。
これは、あまり経験したくないですね

私の中で、ヒーリングというのは求められるものであり
売り込むものではないと思っていて
あまり言いたくない部分もあるのですが、
今日はなんとなく話しています。
きっと役に立てることもあるでしょうから。

今日は、先程から、名前に出している
ダスカロスについて紹介したいと思います。
奇跡のヒーラーと呼ばれている方です。
本名 スティリアノス・アテシュリス

http://www.daskalos.jp/101daskalos/111daskalos.html

“神聖なる計画”の一部である本人のカルマが許す限り、その人は必ず癒されたそうです。

私は、特にここの部分に共感するんですが、
病気や人生で起きる困難とされるものは、
自分で選んできているという考えに
共感する部分があるからです。

だからといって、
病気を持つ人に、そんなことは言えないし
私がもしも病気の子供を抱えた時
そう思うのは無理だと思います。

スピリチュアルな面は広げていくと
オカルトみたいになっていくのが
どうも私は苦手です。
オカルト世界にとらわれ、それを利用して脅すような商法が実在するから。
そういうところに引っかからないようにしてくださいね。

この世界がヴァーチャルだろうが、世界が12次元同時進行していようが

現実の生活には、それを知ってようが知るまいが
あまり関係ないと私は思うのです。

金山慶允さんは覚者だと思いますが
だからそこに惹かれるというよりも
言ってることが本当にわかりやすいのでお勧めです

覚醒することへの興味は持たないほうが良いと思います。

>>行動する自分を創るの詳細はこちらから<<

長文
読んで頂きありがとうございました。

4件のコメント

  • うらしま友蔵

    素晴らしい!

    今度お会いした折には、こっち系のお話をおきかせ下さいネッ!

    • geppappixi

      友蔵さん、嬉しい。コメントくださってありがとうございます~!
      はい。ヒーリング話もいっぱいしましょうね!

  • ひでやん

    >スピリチュアルな面は広げていくと
    >オカルトみたいになっていくのが
    >どうも私は苦手です。
    >オカルト世界にとらわれ、それを利用して脅すような商法が実在するから。

    ホント同感です。
    見えないことが良いことに恐怖感を煽るだけでも罪だと思うのに、
    金品を要求しようという人が多いですよね。

    許せんことです。

    追伸
    機会があったら、お話させて頂きたいと思います。
    その節は宜しくお願い申し上げます。

    • geppappixi

      ひでやんさん、初めまして。
      コメントありがとうございます。

      人間は不安を解決したがることに対して、
      行動する力は強いですから
      それを利用する商法は多いですね。

      そういうのに依存せずに、情報弱者にならないように
      自分も気をつけながら、お役に立てる発信を続けていきたいと思います。

      お話できたらいいですね。
      スカイプしてらしたら申請してくださいませ。

      akiko.taguchi.1です。
      今後共よろしくお願い致しますね。

コメントを残す