「レミングスの夏」見て来ました。ネタバレ注意。

レミングスの夏

どーもあめのんです。

今日は被曝ピアノを通して、ご縁を頂いてお会いすることができた五藤利弘監督の最新作品「レミングスの夏」を見て来ました。

うちの息子も通う自主学校のツクルスクールの生徒さんや関係者をお誘いして名駅のシネマスコーレに行きました。今までシネマスコーレと言う映画館を全く知らなかったけど、とても小さな劇場で味のある映画館が名駅のすぐそばにあるんですね!向かいの待合室もこじんまりしていて素敵な空間でした。人が切り盛りしてるのが見える場所って好きです。小さなライブハウスみたいなね、良さがあるんですよ。当日券も手書きで番号が書いてあるだけで映画が終わると回収されてまた次の映画の当日券になる。映画好きっぽい女の子(勝手な推測です)が券を売ってくれて、人のアナウンスで映画が始まる。こう言う映画館がずっと続いて欲しいです。

>>シネマスコーレの地図はこちら<<

一緒に行った中学2年生の男子二人はツクルスクールに通ってきていたので小学生当時から知っていますが、最近はグッと背も伸びて来て顔つきも随分と大人びてきました。ちょうど「レミングスの夏」の映画の主人公も中学2年生のお話なので、同じ年の子がこの映画をどう感じるのかも楽しみでした。

自主学校のツクルスクールは6さいから15さいまで同じ部屋で時間を過ごします。ツクルスクールは開校して4年目に入り、息子と中2の男の子も随分長い付き合いになりました。公立の学校にはあまり行かない仲間としての同じような価値観を多少は共有していると思います。なのでレミングスの仲間のように大人になっても繋がっている仲間でいてくれたら嬉しいと思いました。

ここからはネタバレ注意ですので見てなくて知りたくない方は閉じてください(笑)

「「レミングスの夏」見て来ました。ネタバレ注意。」の続きを読む…

小中学生フリースクール愛知県瀬戸市

フリースクール愛知県瀬戸市

 

どーもあめのん照るです。子供の問題行動に、なんでそういうことするの?とか言ってませんか?子供は本当の理由を言うよりも、求められてる答えや納得してくれそうな理由を言ってることが多いと思う今日このごろです。


スクールバスに乗りたかった幼稚園時代

 

うちの子供達は幼稚園が近かったのでスクールバスには乗る必要がなく、スクールバスはあこがれだったようです。現在小学3年生の息子は路線バスでフリースクールに通っているので、念願のバス通学ですが既に飽きたのか、私に送り迎えを頼んでくることが多いです。

憧れって手に入れたらそんなものかもしれませんね。

 


今日は小学校3年の息子が通うフリースクールと公立小学校に通う小学校1年の娘の話。

 

通常の家庭と違う朝

 


まず毎朝、小学1年の娘の担任の先生が家にお迎えに来ます。先生が家に迎えに来るようになったのは、娘が6月に学校を何日か休むようになってからのこと。それから10月になった今もずっとお迎えが続いています。

 

 

娘が学校を嫌がったのは、息子が普段通っているフリースクールが引っ越したので移転先(正式名称自主学校ツクルスクール。以後ツクルと省略)の様子が見たかったようです。だから、学校の給食が嫌だとか理由をつけて学校を休み、息子と一緒にツクルに通いだしました。

 

 

娘は何日かツクルに行ってから様子もわかったのか、もう気がすんだのか、公立の小学校に行って欲しいと思っているパパとの対立に疲れたのか、理由はよくわかりませんが「私は学校休めないからなぁ」とボソッと言って、それからは学校に行っています。「私だってたまには、休みたい時だってあるんだからね!」と怒って言ったりすることもありますが今のところは学校に通っています。

 

 

 

「小中学生フリースクール愛知県瀬戸市」の続きを読む…