自信がないことはダメなのか?先入観に疑問をもつことの勧め

先入観に疑問を持つ

あめのんです。

前回、自信のない人は自分で自分に愛情を注ぐといいですよって話をしました。

>>前回の記事はこちら<<

そうやって書きながらちょっと、自分の本心とは違うかぁと思いながら書いていました。なぜ本心とは違うかというと、自信を持たなければならないという前提で話を進めていたからです。

私自身、以前は自信が欲しかったです。自信を持つ方法ばかりが巷には溢れている。つまり「自信がないことはダメ」という先入観を持ちました。

若い時は先入観に疑問を持たないで生きてきました。理由なんて考えずに常識を疑わないで過ごしてきました。

先入観をなくすことで悩みから解放される

先入観を疑うことをし始めると、捉われていることがたくさんあることに気づきます。例えば思いつく私が以前持っていた先入観を並べて見ますね。

「自信がないとダメ」「迷惑かけたらダメ」「宿題やらなきゃダメ」「学校に行かないとダメ」「成績が良くないとダメ」「お金がないとダメ」「容姿が綺麗じゃないとダメ」「結婚しなきゃダメ」「離婚したらダメ」「無責任ではダメ」「自己中心ではダメ」「逃げたらダメ」「親に認められないとダメ」「自立しないとダメ」

どうでしょうか?何か強烈に共感したり、嫌悪したりする言葉があるかもしれませんね。以前は上記のことはダメだと先入観で思っていました。今の私はどっちでもいいという考えになっています。人の命に関わることや犯罪はもちろんダメだとは思っていますが、大抵のことは自分の考えではどっちでもいいと思っています。

スポンサードリンク



実際のところ今の自分に自信があるかというと、もうよくわからないです。自信があってもなくても関係ない。

自信のある部分もあるだろうし、ない部分もあるだろうけど、あんまり生活するのに支障がないから、まぁいいかという気持ちです。

自信がないことでのデメリットは本人の持っている力が発揮しにくいのはもったいない面ではあります。その逆で実力がないのに自信満々なのも鬱陶しいですけどね(笑)

自信がないことには自信がある

自信がない人ってとにかく自分をダメと思うことには長けてる。そして相手を批判しすぎてる傾向が多いです。自分もそうだったからわかります。

自分にも他人にも批判することに長けているので、自分を潰してしまいやすい傾向があります。それってやっぱり、これはやっちゃいけないあれはやっちゃいけないと制限かけているから我慢も不満も大きくなるんだと思う。

他者はあなたの期待を満たす為に生きているのではないというアドラーの言葉があります。制限が多い生活をしていると相手が自分勝手にすることが許せなくなります。

そして相手の要求に自己犠牲しすぎてしまうことが多くなってしまう。

要するに自分の中の制限をもっと緩くしようって言いたいんです。自己中極まりない人がダメとされることをエスカレートさせるのは問題ですが、自信のない人は制限しすぎてるので、制限を解いてバランスを取りましょう。

>>LINE@からブログ情報受け取ってくださる方はこちらから<<

ここまで読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す