瞑想時におきた体の振動と手の快感

瞑想時の体の振動と手の快感

あめのんです。

皆さんは瞑想したりしますか?昔と比べて瞑想は身近なものになりビジネスマンも多く取り入れて仕事に良い成果をだしている人もいます。

今日は私が瞑想をしたことで体に起きた良い変化についてお話します。

私が瞑想をするようになったのはシータヒーリングというヒーリングの練習でシータ波という脳波の状態を意図的に作る為の訓練で瞑想をしていました。毎日寝る前に瞑想をしていると、、
ちょっとここからは性的な内容を含みますので、苦手な方はここでページを閉じてください。

スポンサードリンク



寝る前というのはシータ波(寝入る時や起きがけになりやすい脳波の状態)にもなりやすいため、普段寝る前に瞑想をするようにしていました。最初は寝落ちしてしまうことが多く全然瞑想がうまくできませんでした。それでも続けているとある時ガタガタと体が振動するようになりました。地震と勘違いするほどです。

寝落ちしてしまってから途中で地震だと飛び起きることもありました。今でも朝、起きがけにそういうことがありますが、振動は瞑想時にはよくある良い傾向らしいので心配ないそうです。確かに不快なものではありません。

そのまま毎日1ヶ月ほど続けたある日に眉間のところで紫の光が回るようになりました。その後は、この光が見えるようになるまでが日に日に速くなっていきました。
ヒーリングをするときは速くこの状態になると深いリラックスした状態でのヒーリングができます。

 

 

横になったまま瞑想して入ると、急に「起きて!」と脳内で言われる時があって、そんなときは起きて座禅スタイルで瞑想したりしました。

脳内会話と私は呼んでいますが、虫の知らせに近いと思います。何かあの人のことが心配になり胸騒ぎがする。そんな感覚で、起きて瞑想した方がいいって強く感じる日があるのです。

瞑想の効果で手に快感が押し寄せる

そうして過ごしているうちに昼間に手が異常に気持ちよくなることが頻繁にありました。これは調べてもあまり経験している人がいないみたいです。仲良しのMちゃんに相談しても笑われるだけでした。「手がイっちゃいそうになるんだけどなんだと思う?」って相談したからですね(笑)

何もしていないのに手が気持ちよくなってきて手がドクンドクンと脈打つように感じます。それがすごく気持ちいいんです。多分瞑想で体の気の回りがよくなっている影響なんだと思います。

瞑想時にはならないのですが、もう一つヒーリング中にお腹が連続で鳴ります。お腹が空いている訳ではないんですが、面白いですよね。そして私が深い瞑想状態になっていくとクライアントさんもその影響を受けて、いびきをかいて寝てしまう方が多いです。熟睡です。

瞑想により気持ちいいと思うことでセロトニンが出る

瞑想により体が気持ちいいという感覚を広げていくと、体の感度が上がります。
体の気が回るようになるとエネルギーの回転速度も速くなってチャクラも活性化されます。性のチャクラと豊かさのチャクラは同じ場所にあるので、気持ちいいを増やしていくと豊かさにも良い影響が出るでしょう。

専業主婦の方だったりすると、豊かさの影響が旦那さんに出たりもします。いわゆるあげまんってやつですね。エネルギーは感染るのでそういうことも納得です。仲が悪くて気の交換がなされていない場合は難しいです(笑)

もう一つ、瞑想を続けた結果もたらされた性的なエピソードを話そうかと思いましたがそれは性的な話を気楽に話せるフェイスブックグループ「毘沙門弥栄」の方にまた後日書きますね。

>>毘沙門弥栄グループ詳細はこちら<<

コメントを残す