亡くなった方からのメッセージ

亡くなった方からのメッセージ

あめのんです

今日は「死」についてのエピソードをお話ししようと思います。

私は父親が自殺した影響なのかはわかりませんが死をどう捉えるかを考える機会が多かったように思います。

自殺すると地獄に落ちる?

自殺をすると地獄に落ちるとか、自殺はとても重い罪だから深い闇から出られないと言われたことがありましたが私はそうは感じません。

その言葉は自殺を思いとどまらせる為に誰かが考えたとしか思えません。

自殺したいっていう気持ちは苦しいことから逃れたいと気持ちだろうし死にたいという精神状態は自分では抜けるに抜けられない状態だと思うんです。

父親の今の状態を感じてみて、私は地獄説を否定します。何度も生まれ変わる間の魂の経験の一つに過ぎないと感じます。だからって自殺してもいいと言ってる訳ではありませんよ。残された側だって亡くなった人の魂が地獄にいるって考えて、何か救われることってあるのでしょうか?

延命治療での出来事

以前に私の親戚でこんな出来事がありました。その方(Aさん)は入院していて話せない状態でした。ある日その方のご先祖様が私の家にきました。霊感の強いDちゃんが遊びにきていて、玄関に誰か来たよ!っていうので意識を向けてみると。深く帽子を被った男性の姿を感じました。

用件を聞いてみるとAさんの延命治療はやめてほしいと家族に伝えてと言われました。私は自らそれを伝えるのは拒否しました。もし延命治療するべきかどうかを親戚が私に聞いているならお伝えはするけれど、周りの家族が聞いてきている訳ではないですし。延命治療するかどうかでもめているのは知っていましたが、そのことは伝えにくいなと思ってどうすることもできずにいました。

スポンサードリンク



でもやっぱり気になったのでAさんの意識を感じてみました。その時に感じた言葉は私の心にとても深く今でも残っています。

「私は人生を充分に堪能した。」そう言われました。

私は延命治療したくないというAさんの意思を伝えるのが嫌だったのは、それがAさんの思いだと証明できることは何もないですし、延命治療をしないという選択をした家族はAさんを見放したという自責の念にかられる場合が多いからです。色々ごちゃごちゃ考えましたが、Aさんの気持ちを無視するのもどうかなと考えて家族にお伝えしました。

後日Aさんは結局延命治療を受けることになりましたが、その後亡くなったAさんの意識とコンタクトを取ってみると

「延命治療はしてもしなくてもそれで家族の気が済んだならそれでいい。自分はもう生きることは堪能したので延命治療の必要はないと伝えたかった」と言われているのを感じます。

延命治療をしてもしなくても、そのことで故人の後悔はないようです。残された人が自責の念を抱えることの方が故人は心配しています。

自分の母親は昔から延命治療はしないで欲しいと言っています。私はそれを受け入れてその選択を迫られる時にはそうするつもりです。死ぬまでに痛いとか苦しいのは自分は嫌なので。そうすることで母親を見放したと自分を責めることはないので。私は尊厳死は賛成派です。

結論は自分を責めないことが故人への供養になります。命は有限なので自分の時間を楽しく生きて欲しいということです。亡くなった方は次の世界が始まっていますのであまり心配させないようにしてくださいね。

あなたが生き生きとしている姿が1番の供養になります。
>>LINE@から友だち追加してくださる方はこちらから<<

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

コメントを残す