失敗する恐怖を克服するのにオススメの本

失敗する恐怖を克服

今日は私の好きなお勧めの本をします。

自分の中に毒を持て 岡本太郎

今振り返ってみるとくっだらないことに捉われていたなと思えますが若い頃はそんなしょーもない事を気にしていたのかと思う出来事をお話します。

小学生の時のことですが、当時は名簿に保護者の名前が載っていました。私は父親が早くに亡くなっていたのでその欄が空欄でバカにされたことがあります。子供の世界ってすぐ人と違うことをバカにされる世界だから仕方ないんだけど。

父の日に手紙を書く授業なんかでは、先生に「私は何してたらいいですか?」って聞いたりして、この時間が嫌でそれを訴えることがちょっとした先生への抵抗だったのかもしれません。

思春期の時には、母親は再婚だし、母親の再婚相手の義父は結婚が3回目なのことに対して嫌悪感を持ったりしました。自分は将来は絶対戸籍を汚さないぞ(離婚したり再婚したりしない)なんて今思えば本当にくだらないことを思っていました。

そうやって母に訴えると「失礼しちゃうわね。はいはい。あんたは戸籍の綺麗な人生歩んだらいいじゃない。でも人生なんていつからでもやり直しができるのよ」とよく母が言っていました。今思えば、夫の死や借金を乗り越えて今があるというその母の経験を想像するだけで尊敬以外の何も感じないです。

失敗したら誰かのせいという生き方で得られるものは?

以前の私の人生は失敗しないように失敗しないように恐れて、何かちょっと問題が起きるとなんで私の人生はうまくいかないの!って(笑)

どうして私の人生はこんななの?!って被害者意識から抜けたのは、前世療法や瞑想や心理学などを始めてから段々と変わっていきました。

「失敗する恐怖を克服するのにオススメの本」の続きを読む…

一人で悩んでいませんか?愛の深まる目合い(まぐわい)の教え

目合い(まぐわい)

唐突ですが今日は性的な悩みについてのお話です。

あめのんです。

今日は普段あまり書くことのない性的な悩みについて書きますので、そういう話は苦手な方はここで記事を読むのをやめてください。

「一人で悩んでいませんか?愛の深まる目合い(まぐわい)の教え」の続きを読む…

パワーストーンで遠隔ヒーリング

遠隔ヒーリング

あめのんです。

今日は体調が悪いので自己ヒーリングをしながら書いています。と言っても月に一度の腹痛系のものなので明日には治ります。うだうだしていましたが今「ハトホル」の真言を聴き出したらやっと記事を書く手が動き出しました。「エル カー リーム オーム」って真言を唱えます。誰かに貸しちゃったのか今探したけどみつからない(笑)ハトホルの書とても愛に溢れた内容なのでヒーリングに興味のある方はぜひ読んで欲しいです。アセンションした集合意識とか言っちゃうとちょっと小難しくなるのですが、とにかく上から目線ゼロのあったかい本です。

 

ヒーリングはイギリスでは保険がきく?

せっかくハトホルのことを書いたのでヒーリングのことを今日は書きますね。ヒーリングってイギリスでは保険が適用されるほどに効果を認められているものです。日本ではまだまだそこまでは行きませんが私にとってはとても便利でありがたいものなのでよく使っています。

中でも遠隔ヒーリングというのは遠くの人にもできるので、遠くのクライアントさんだったりすると今どうしても抜けられない用事なのに体調が悪くなってしまったから助けて!って言われます。そして遠く離れたところから気を送ります。(実際は変化を観察する)

ヒーリングの方法 眉間からいれる

今からするお話はクライアントさんから許可をもらったのでお話させていただきます。以前クライアントさんが生理が3ヶ月くらい来なくて困ってるんだよねと言われたので、仰向けになってもらって5分くらい手をかざしながら観察していたら、なんとその場で来ました。私も驚いちゃいました(笑)

「パワーストーンで遠隔ヒーリング」の続きを読む…

怒っていることを伝えてストレス0になる方法

ストレス0

失礼なことを言われてもその場では言えずに我慢してしまう。そして何日も言われたことを引きずってしまう。そんな優しいあなたへ良い方法を提案します。

あめのんです

無神経な人っていますよね。心無い言葉に傷ついてストレス溜めちゃうそこのあなた。今日はそんなあなたに私が練習して来たことを少しお伝えします。

怒る場面を日常探す

失礼なことを言ってくる人に感情的にならずに主張できるようになったら楽ですよね?以前は私もいちいち傷ついていましたが、今はそんな場面に無関心になったのかあまりそんな場面に遭遇しません。

まず言われっぱなしの人は、怒る人側になる練習をしてみましょう。主張できそうな場面を常に探して準備しておいてください。

クレーマーかよって?いえいえそうではありません。でも主張し慣れていない人はその準備をしていないとついつい習慣で我慢してしまうのです。そしてもし怒るならなるべく関係の薄い人の方が言いやすくないですか?怒っていることを伝えられない人は言いにくい状況になると萎縮して冷静に物事を判断できなくなってしまいます。

これは主張してもいい状況だと判断できる精神状態になるためにも嫌だなと思ったら言うチャンスと思うようにしてください。

怒りという道具を自分を守るためのツールとして使ってみましょう。

以前の言えなかった私の怒りの練習例を2つほど報告してみますので、役にたちそうだったら参考にしてみてください。

契約していた保険屋さんの話です。うちの家の前には側溝があります。うちとお隣の家の境界線の側溝の蓋が10センチくらい空いているんです。何とその保険屋さんがそこで立ち小便しているのが見えました。犬のおしっこでも嫌なのにっ!

今だったら本人に直接そういうことやめてくださいって言えると思いますが
当時は嫌だなぁと気分を害したままでした。書類の不備でまた来るというので
会うのが嫌すぎてこういうことがあって気分が悪いので、保険会社に電話をして違う人を来させてとお願いしました。

別の人が菓子折を持って謝りに来てくれたのですが、何となく気分は収まらず段々腹が立って来たのです。よし!この怒りをぶつけてみようと思いお客様相談の東京本社か何かに電話をしました。「建てたばかりの家に立ち小便されたんですよ!どんなに気分が悪いかわかります?もう今まで払った保険料全額返してください!」と理不尽な主張をしてみました。

クレーム担当者さんはそういうのに慣れているのでうまくなだめられました。
言いたい放題言ったらストレスは0になりました。そして言い過ぎたなと反省する気持ちにもなりました。

「怒っていることを伝えてストレス0になる方法」の続きを読む…

ストレス0で生きる方法 無責任のすすめ

あめのんです

皆さんはやりたくないことを我慢している時間は1日のうちにどれくらいありますか?今日はやらなければいけないという思い込みをやめてストレス0で生きる方法をお話します。

縁を切る

好きなことだけして生きている人は無理がないのでストレスもなく楽に生きています。なかなかそうできない方は我慢ばかりの辛い日々を送っているでしょう。

そんな方には無責任になることをお勧めします。自由になるにはちょっと勇気がいるんです。でも少しずつその勇気を積み重ねると振り返った時にはとんでもない無責任な人が完成です。おめでとうございます。でもそうなってしまうとそこが快適なので戻ることはできません。自己責任でお願いしますね(笑)

まぁ無責任というと乱暴な感じですが、要するにストレスになることを排除するのを最優先させていくということです。

私は最初から無責任な人だった訳ではないんですよ。以前は我慢してストレスいっぱいの毎日を送っていました。

嫌な人と付き合わない方法

例えば嫌な人から電話がかかってきたとします。お友達なのですが誘いが強くてうまく断れない。どうします?無視できます?何度もかかってくるたびにストレスを感じます。

答えは着信拒否です。はぁスッキリです。もし会って確認されてしまったら、あれ?間違えて押しちゃったのかなぁとその場では解除します。そしてまた着信拒否しておきましょう。電話がかかってきた。どうしようってドキドキするストレスから解放されます。

相手に言いにくいことが言える人なら付き合わなければすむのですが、できない人はそうしてみてください。SNSのフェイスブックとかでしたら友達解除を繰り返すくらいのところから試してみてください。あれ?解除されてた?おかしいなぁシステムの不具合だと思うと言って、また友達に戻っても後からまたしれっと解除してみてください。

主張できるようになるには訓練が必要です

だんだんと主張できるようになればこんな回りくどいことは、必要ないですけど(笑)ちなみに私は訓練を重ねたので気に入らないことはっきり伝えてブロックされる側です(ドヤ顔)そうは言っても身内、親戚、近所は難しいですよね?この辺りは達人にならないと難しいでしょうが是非達人を目指して欲しいです。

え?私は達人かどうかって?メッセージで聞いてくれたら答えます(笑)

大事なことは自分が嫌と思うことは主張することです。悲しいかな人間は弱い人を支配してしまう習性があります。謝りグセがあったり嫌なことを頼まれやすかったりする方は謝るくせが強い傾向があるかもしれません。理不尽な扱いに無関心になれるならそれが最強です。でも嫌だなぁと思うなら守ることが必要です。

「ストレス0で生きる方法 無責任のすすめ」の続きを読む…

短所を長所と考えるには

楽観視あめのんです

自分の嫌いなところってありますか?以前は自分のダメな部分を嫌って直そうとしていました。でも短所って考えようによっては長所でもあるんじゃないでしょうか?今日は自分の短所を長所に置き換えてみるという提案をしたいと思います。

楽観的に物事を捉えて希望を持つ

この前のブログで子供がゲームをし続けて大人になっても働かないでいたらまずいのかどうか?っていう話を書きました。それで自分の中でちょっと引っかかったことがありました。

ちなみに前回の記事はこちら

1番大事にしていることは?

 

 

 

この前回の記事の中に

大人になっても働かないのは本人の問題なので、私が悩む問題ではない。とはいえ経済的な自立はして欲しいので、そうなったとしたら本人と相談しながら自立に協力していけばいいんじゃないかと思います。

って書いたんですね。

これは以前の私なら子供が働かないのは社会人としても駄目だし、学校行かないことで就職しにくい条件が増えるし、問題だらけと思っていたはずです。相談しながら自立に協力していけばいいんじゃないかななんて事態を楽観視した考え方にそんな甘やかすから駄目になるんだわ!とイラっとする側でした。

将来有利な側に行かせようと必死だった

子供が小さい頃は幼稚園受験や小学校受験を考えていたくらいです。引っ越した瀬戸市で良い塾がないかなと探していたし、幼児教育で有名な家庭保育園という高額な学習教材を買ったほどでした。

勉強した方が選べる就職先が増えるとか、小さい頃に挫折は絶対にさせたくないとか、いじめられたりしない為にも強くなってもらおうと格闘技に通ったり。

全てが転ばぬ先の杖のような考えが不安に対する対処が土台でした。

それが段々と親が自分の人生を大事に生きていれば子供も大丈夫と思うようになっていきました。何か問題が起きたら協力していけばいいと思うようになりました。

問題は起きてから対応すればいい。起きてもいないことを不安に思って生きるのはやめました。なので本人が働きたくない場合は一緒にいる家族が経済的にやっていけるならそれでいいと私は思うんです。経済的にやっていけない場合は協力が必要なのでお互いに助け合う。この助け合うという気持ちが育つような関係づくりが大事だと思います。

子供の自立に協力するっていう部分は、何かを販売することから始めたっていいと思いますし、何かサービスを提供することを考え立っていいし。最初はアルバイトでもなんでもいいです。たとえそれで駄目でもずっと自立の道を模索し続けたらなんとかなると思います。

70過ぎて起業する人だっているし、今置かれている環境に対してできない理由を100個見つけるよりもできる可能性を100個試す方生き方をしたい。明日どんな出会いが待っているかなんて誰にも予想できません。誰にだってそのチャンスはありますよね。どんなに無駄に思える今でも役に立つことがきっとあります。

「短所を長所と考えるには」の続きを読む…

朔日参りと朔日餅

あめのんです

今日はお参り三昧な贅沢な1日の報告をします。

今日は9月1日ですね。朔日参り(ついたちまいり)と言って毎月1日にお参りする風習が古くからあります。伊勢では赤福が朔日餅を販売するので長蛇の列ができます。と知った風に言ってますが実は今日知った私です。

今日はお友達(Sちゃん)がブログの開設をしてほしいということで、ここ何回かモーニングしながらブログ開設を進めています。そこで毎回カフェ選びをするのですが今回は以前から気になっていた近所のカフェに行くことにしました。

そのカフェの名前が「りゅうカフェ」というのを初めて知ったので、Sちゃんにそのカフェの近くの神社にも龍があるんだよと話すとそこも行きたいという話になりました。カフェの後に猿投神社に行く話になっていたので神社のはしごだねって盛り上がっていました。
300年クスノキ
まず八王子神社へ。樹齢300年のクスノキが好きでいつも見上げて幹をなでなでします。そして龍の浮かび上がった石にもお参り。蛇の石にもお参り。

りゅうカフェへ

その後「りゅうカフェ」入り口で黒猫がシャーって木の上でお出迎えしてくれました。そこの気がとてもよくって癒されるカフェでした。そこに入って来たお客さんが以前から行ってみようと思っていた居酒屋のママさんでした。名刺をいただきましたのでそのうち行ってみようと思います。こういうご縁って楽しいですよねぇ。

その後もアットホームなりゅうカフェで初対面な方々と談笑することができました。お店のお客さんが仲良くなる雰囲気のお店好きです。いつかパワーストーン居酒屋をしたいって夢がまた膨らみました。そのパワーストーン居酒屋での出会いが結婚に結びついたりする人が出て来たりしたら最高です。最近熟年再婚も多いから、そういう出会いの場でもいいなぁ。

そう言えば私が紹介した友達で結婚した人が2組いるからキューピット力は強いはず(笑)

「朔日参りと朔日餅」の続きを読む…

神社

1番大事にしていることは?

あめのんです。

あなたは何を1番大事にしていますか?お金?時間?友達?
私は最近大事にしたいものが見つかったのでそのことをお話ししようと思います。

将来子供が社会的に評価されないとだめなの?

半年くらい前にある記事を読んでいてハッとしたことがありました。

私は当時五右衛門風呂が欲しくってネットで検索していたんです。家に露天風呂があったら楽しいじゃないですか(笑)

五右衛門風呂釜

それで五右衛門風呂についてネットで探していたら廃材天国っていうサイトを見つけたんですね。そのご両親の子育て論で子供が将来社会的に評価されない職業を選んでも全く気にしないと言うような内容のことが。

この言葉を見たときに、私は自分の子供の将来に社会的な評価があった方がいいと思っているんじゃないかと自分に問いかけました。

例えば、学校に行ってない子供たちがメディアに取り上げられるときってプログラミングで賞をとったとか、本を出版したとか。それを見て自分の中に何か社会が認めてくれるような結果を子供に求めているんじゃないかと感じ始めたのです。

どうやったってリスクのない人生はない

うちの子はゲームやyoutubeを好きなだけします。そこでの心配っていうのは、そればかりやっていることへの害ですよね?
将来ゲームクリエイターやyoutuberになって職業になれば1日中ゲームをやっててもよくて、ただ単にずっと遊んでいるだけならダメってこと。

例えばその結果どうなるとまずいのかと考えてみました。ゲームばかりする。家に引きこもる。大人になっても働かない。

大人になっても働かないのは本人の問題なので、私が悩む問題ではない。とはいえ経済的な自立はして欲しいので、そうなったとしたら本人と相談しながら自立に協力していけばいいんじゃないかと思います。

働かないことよりも本人がその状況を自己否定しながら生きているとしたら私にとってはそちらの方が問題です。自分で考えて自分で答え出して生きる道を選択すればいいと思います。違うなって気づいたらそこからやり直せばいいじゃないですか?失敗を経験しないまま大人になる方が生き辛いです。

本人が毎日の予定を自分で決めて楽しく過ごすこと。

これからの時代学歴だけがよくても生きていける世の中ではありません。経済的自由を手にいれても幸せではない人もたくさんいます。日々生活しているだけで心の余裕などなく精一杯の人もいるでしょう。状況と幸せはセットではありません。そんな中で私が1番大事に思っていることは1日の過ごし方を自分で決められることだと思うんです。これって難しいと思います?私は徐々にできるようになりました。観念が変われば難しくないと思うのです。こんな話を聞いたことがありますが、子供が習い事がいっぱいで休みなく過ごしていて、いざ何をしてもいいよと言う時間があると何をしていいかわからない。これって定年退職した夫がやることが見つからなくて家にいて奥さんの自由な行動に不満を抱えてるのと似てる。

うちの子供は時間が有り余っているのでゲーム機の調子が悪くなった時に退屈で死にそうって言ったことがありました。贅沢だね!みんな習い事や宿題でやらやらなきゃいけないことがいっぱいで退屈な時間なんて持てないんだよと言っておきました。

退屈は大事

そんなに好きなことばかりさせていたらやらなきゃいけないことができなくなる。そんな自由にさせていたら社会生活ができない。そういう意見もわかります。でもやらなきゃいけないことを全て我慢してやれる方が私に不安です。子供に嫌な環境で我慢する人生を送って欲しくないです。

今はこんなことを言っていますが、以前は自分の価値観から外れた行動は許せないという考えでした。子供が幼稚園時代は将来の子供の為と言う大義名分で一生懸命子供を支配してきました。私が無理やり幼稚園に抱きかかえて登園するのを幼稚園の先生が、子供が来たいと思うまで待ってあげてくださいと言われるくらいでした。その頃は遅刻する習慣がつくのも嫌だったのですが、途中からは無理やり連れて行かなくなりました。そうしたら何故か嫌がらずに行くようになりました(笑)

モンテッソーリは自分のやりたいことを納得いくまでやりきる。それが人格形成につながるという考え方なので、やりたくないことは無理にさせずに本人が行きたくなる時まで待つってことで先生はアドバイスをくれたと思います。ところが私は先生みたいに優しい態度でいると子供になめられて子供が言うこと効かなくなるから嫌ですって先生に言っちゃってました。ごめんなさい。その先生はやめちゃったので先生には伝えられないけどあの時に好きな時間に来るように言われたことを今はとても感謝しています。

「1番大事にしていることは?」の続きを読む…

現状を変えたいのに変わらない場合の解決方法

あめのんです

今日は突き抜けたいけど突き抜けられない悩みの解決の糸口をご提案します。
例えば今の環境が不満で変えたいと心に強く思っていたとします。
でも何ヶ月かたっても現状は変わっていない。そんな経験ありませんか?

現状を変える方法

ネガティブなものでも無意識に維持してしまう人間の機能

人間は体も心も慣れた状態を無意識に維持しようとする機能があるんです。
例えばお金持ちはお金がある状態を無意識に維持しようとする。
美食家は美味しいものを食べ続けようとします。まずいものは不快なわけです。
これがポジティブな方に働く場合は問題がないのです。

これと同じことがネガティブな状態にも働くの知ってましたか?

ブラック企業を辞めたい!辞めてやる!と強く思えば思うほどに言い出せない。
こんな貧乏生活は嫌だ!絶対お金持ちになってやる!でもダラダラしてしまう。
この人とは離婚だ!絶対に離婚する!心に決めたのに結局ずっと一緒にいる。

こういう場合はその方の意思が弱いのではなく強く思えば思うほどに逆にブレーキがかかるものなのです。この慣れた状態を維持しようとする機能をホメオスタシスと言います。

ホメオスタシスが働かないように願望実現する方法

ホメオスタシスが働くと願望を全力で阻止しにかかってきます。自分の持っている機能が1番のドリームキラーだったとはって感じです。

よし!ダイエットするぞ!と強くやる気を起こせば起こすほどに体の方は太っていた自分に何とか戻ろうとしてしまう機能が働いちゃう訳です。

さてこれはどうしたらいいと思いますか?

「現状を変えたいのに変わらない場合の解決方法」の続きを読む…

「嫌いな人」や「怒り」の感情の扱い方

あめのんです。
皆さんは嫌いな人はいますか?
私は嫌いな人とは絡まない生活を意図的にしています。鈍感力は鍛えてあるので人の嫌いな部分に無関心でもあります。この人が嫌いって言うのは脳の思い込みです。って言うと全ては脳の思い込みなんですけどね。随分と嫌いと言う感情の脳の思い込みを外してきたので、今ではお友達で大好きな人も大嫌いな人もあまりいないかも。以前の自分もそうだったのですが大好きが強い人は大嫌いも強い傾向があると思います。

この人と一緒にいると悪い在り方が伝染すると思った場合には全力で逃げます(笑)

とは言え社会生活を送る上では上手に付き合わないといけないこともありますよね。今日はそういう方が少しでも楽になれることを願ってアイデアを提案してみます。ふざけて言っているわけではないのですがその状況にユーモアを持つ心の余裕は大事です。

それでは行ってみよー!

kirainahito

嫌いな人と会った場合にラッキーアイテム化する。
これは私が実践していて良かったと思っていることなのですが、会いたくない人に会ってしまった場合に、この人に会えたから良いことが起きるという暗示を自分にかける。

子供の頃は黒猫を見ると縁起が悪いとか霊柩車を見るとなんて話を聞いて怖かった記憶があるのですが、それを勝手に心の中でいいことが起きると自分のルールに変更しました。

嫌いな人が絡んできたら、これは縁起がいい!いいことが起きちゃう!とワクワクしてみてください。

説教系の人への対応 上司や旦那や嫁に説教されたら

相談をしたらダメ出ししてくる人に対しての対応。これは若い方だとお説教的なことを上司に言われることもあると思います。旦那さんに相談したらダメ出しされて相談しなきゃ良かったなんてこともあるかもしれません。

それを突っぱねることができる人は問題ないです。

でもそれで凹んでしまう方にはこちらはいかがでしょうか?

その場では思い切り共感して全く言うことを聞かない。

説教をされている時に相槌を入れます。「そうですよね!私もそう思ってました!」と素直に受け入れたふりをしてみてください。

怒鳴られている場合に有効な方法

お客様が怒っていたりしていて理由はごもっともなんだけれども長いし辛い。

こんな時の対処法は
怒鳴っている人を3センチくらいに小さく想像してみる
こうやって対象を弱く想像することでちょっと苦痛な時間が短く感じることができます。
その対象人物の体を小さく想像しながらその怒鳴る声も小さくなっていく想像をしてみてください。

怒りはコントロールできる

カッとなってつい怒ってしまうってよく聞きますよね?

でも実は人は瞬時に状況を判断して怒りを出し入れできるのです。

例えばこんな場面があったとしてあなたはカッとなりますか?

レストランで隣の席の子供がものすごくうるさく走り回っています。親も注意せずに無関心です。
ついにはしゃいだ子供が走ってきて自分にぶつかってきました。
もう我慢できずについカッとなって「うるさい!」と言ってしまいました。

これありそうですよね?

「「嫌いな人」や「怒り」の感情の扱い方」の続きを読む…