パワーストーン ターコイズの効果

indiantakoizu

今日は30年ほど前から家にあるインディアンの人形の話です。

インディアン人形は家の守り神

私の兄が中学の時のアメリカ旅行のお土産でした。小学生の頃はちょっと怖い印象があったりしましたがずっと部屋に置いてありました。ある時その人形を戸棚の奥にしまっている夢を見ました。人形をしまって扉をきっちり閉めて振り返ると目の前にその人形がいるという夢でそれはそれは怖かったです(笑)

ふと3年くらい前に人形のことを思い出したので実家に聞いてみました。母親が他のものはほとんど捨てちゃったんだけど何故かこれだけはとっておいたのよとのことでした。捨てられなくてよかった。

もうインディアン人形はうちに来たがっているとわかったので家に持って帰りました。スピリチュアル仲間のMちゃんがスタジオ(うちの別棟)に居たがってるよというので家ではなくてスタジオにいつも守り神として鎮座してもらってます。

 子供と一緒に遊ぶインディアン

ある時うちの子供とM ちゃんの子供が遊んでいる時に家で子供たちの写真を撮ったのですが、スタジオにいるはず人形にそっくりな顔が写ってました。一緒に遊びたかったんだねって。子供たちは怖がってたけど(笑)うちの守り神だからと言い聞かせました。

「パワーストーン ターコイズの効果」の続きを読む…

方位移転 家相 愛知

方位移転 家相 愛知

あめのんです

今日は私がお世話になった家相の先生のお話をします。

方位移転とは吉方位に引っ越しをして運気をあげること

この方も以前にお話した神主さん同様、子供の頃から親交のあった方で方位学と家相を見てくれる方でした。方位学というのは引っ越しをする際に良い方位に引っ越して運気をあげるというものです。

家相は風水のようなもので間取りで吉凶を判断するものです。

その方は以前に話した神主さんとも親交のある先生で、先生の予言は当時は本当に脅威に感じていました。なぜかというと通りがかった場所で3日後にガス爆発が起きるって言って本当に起きたという話を聞いたからです。

「方位移転 家相 愛知」の続きを読む…

ガネーシュヒマラヤンのパワーストーン

ガネーシュヒマラヤ

あめのんです。

今日は私の妄想かもしれませんが、随分とぶっ飛んだ話をしてしまいます。宇宙人に興味を持つとどんどんそういうことが起きる気がするので最近はあまり考えないようにしていました。

過去の不思議な体験を2つお話します。

家の中を歩く巨大な黄色い足

最近は感じないのですが以前家の中を巨大な足が通る感じがしたことが何度かありました。黄色くて毛がフサフサと生えていて象みたいな感じです。しかもいつものっしのっしとゆっくりと通り過ぎていってしまうだけで黄色い脚しか見えないんです。

あれはなんだったのかなぁ。タイムマシンがあったら今住んでいる家の大昔を見てみたりしたいです。もしかしするとマンモスとか歩いていたりしたかもしれませんよね。

おでこに目が一つの宇宙人??

もう一つのこの話は息子が3歳くらいの時のことです。買い物から帰ると机の下に何かいる気配がしました。凝視してみるとおでこに目のあるニコちゃん大魔王(話が古くてわかんないかな?)みたいなサイズで、リロ&スティッチに出てくるプリークリーみたいな顔の宇宙人がいる、、と感じる。

それで、お前の夢を叶えるから俺の条件を飲まないか?とテレパシーで言ってきた。それはその宇宙人の子供を産んでくれという条件でした。夢も叶えて欲しいし宇宙人の子供ってどんなのか興味もあってOK してみました。

そうしたら小さくなって私のお腹に入ってきたのです。え?子供産むって言ってるけど本人が入ってきてこの後どうなるわけ???それからお腹にその宇宙人を感じつつ2日くらい過ごしていました。

「ガネーシュヒマラヤンのパワーストーン」の続きを読む…

愛知で姓名判断

姓名判断

あめのんです

今日は私の趣味の一つでもある姓名判断の話をしようと思います。

姓名判断で変わったこと。

私が姓名判断に興味を持ったのは、義理の父のお父さんが姓名学を職業としていたそうで、義理の父に勧められて二十歳の時に名前を見てくれるところに行ったところから始まります。

今思うと笑っちゃいますけど、その先生に画数を見て言われたことが
・ 男の人に縁遠い
・ 努力が報われずバケツに穴があいている

でも女性は結婚したら苗字が変わるからねぇと言って名前変えても仕方ないみたいな言い方をされました。いやいやいやそんなこと言われて今後気になっちゃうじゃないの(笑)
と言うわけで結婚したらまた改名しますからと頼み込んでリストを出してもらいました。

実際、20歳の時に男の人と縁遠いって言われて思い当たることは、、、思いっきりありました(笑)

名前を変えてからは全然違います。どう変わったかはあまり細かくは言いませんがお付き合いの期間が長続きするようになりました。

もう一つの努力が報われないと言うのは、当時を振り返っても受験に失敗したことくらいしか思い当たりません。

その後の努力が報われたのはダンスでしょう。子供を産むまではずっとダンスに打ち込めたましたのでとても幸せな努力でした。ダンスは明らかに私に努力は報われることを教えてくれましたし人生を豊かにしてくれました。

ネットの普及で姓名判断は身近に

今はインターネットで画数での吉凶だったり陰陽の組み合わせだったりも簡単に調べられるようになったので便利になりましたね。

姓名学は流派もいろいろありますので、旧漢字で数えたりすることで画数が変わったりもあります。その流派で名前を決めたらそれを信じることが大事なんですけど、流派の違いによって画数が変わるのが気になる方は旧漢字を避けたりすることでどの流派でも良いとされる画数の字を使えばいいと思います。

私は29画と言う女性だと後家数と言われる数を持っていました。要するに夫がいなくなっちゃうと言われる画数。そんなの信じたくないけど知ってしまうと気になる(笑)しかも母も祖母も29画で二人とも実際に夫がいなくなってしまっています。これは家系なんじゃないかしらとビビっていました。

あとは気がきついとされる21画。確かに私は気がきついところはあります。勝負強くなりたい人は使うといい画数です。

あめのんは熊崎式

名前の画数が悪くたって大成している方はたくさんいますのでネガティブに気にしすぎるのはよくないですが、運気アップに使ってみるのは是非是非お勧めします。

ちなみに「あめのん照る」は馴染みのある熊崎式姓名学を使って自分でつけました。実は戸籍の本名は必要な時以外は全く使っていません。

会社の屋号やペンネームも縁起の良い画数の名前ででスタートして見てはいかがでしょうか?

私でよければ格安で相談乗りますのでラインなどでメッセージくださいね。

 

>>LINE@から友だち追加してくださる方はこちらから<<

あっくんセミナーの感想 2017.08.20

図形メソッド

あめのんです。

今日は2017.08.20の佐藤彰氏(あっくん)のセミナーを振り返ります。
図形を使ってある動きをすると瞑想するのと同じ効果が得られるメソッドです。

私はこのメソッドを知って1ヶ月ほどになります。実際どんな変化が起きてきたかと言うと玉ねぎの皮がむけていくように心が敏感になってきました。人それぞれの望む変化が起きてくるのでみんなが敏感になると言う訳ではありません。心の奥の望む自分が顔を出してきます。

状況に左右されない自分に出会う

例えば、好きなアーティストのコンサートに行ったりして感動すると心が洗われて素直にピュアになったりしませんか?あんな感じで心が無防備になってホッとします。無理に大人になって我慢したり自己犠牲したりすることがとても無意味に感じます。

こうして毎日のようにブログを書いているのも私にとって必要なものを選択する為のプロセスだと感じています。

「あっくんセミナーの感想 2017.08.20」の続きを読む…

人に振り回されずに生きるには

自分軸で生きるあめのんです。

今日は何を書こうかなと考えながら書いています。これっていい傾向ですね。だってもう書くことがないくらいに吐き出して行くことで心の奥にアクセスできますからね。ブレインダンプってやつです。

図太く生きていきましょう

私はビビリな性格なので若い時は失敗が怖かったり、ちょっとしたことで落ち込んだりしていました。最近は昔よりは随分と図太くなりました。

私の師匠でもある亡くなった神主さんが言っていたことを思い出しました。小さな子が殺されたりすることがあるけどあの魂は何度も生まれ変わっている魂で、経験の多い魂ほど困難な経験を選ぶと。人間界での修行を終える頃の位の高い魂だと言っていたことがありました。

またまた前世の話になりますが、私は息子が赤ちゃんだった時に夜中にぐずる息子を抱いているとなぜか落としてしまったらどうしようって思うことがありました。落としたいという考えが浮かんだらどうしようって怖くなるのです。そんなこと思っちゃいけないしそんな思いがよぎるなんてどうかしてると思って誰にも言えませんでした。

でも当時ママ友が子育てで悩んでいた時に私も夜泣きされるとこんなこと考えちゃうんだよねと伝えると、、そんなのしょっちゅうだよと言われてびっくり。

そんなこと考えるのは自分だけじゃないんだと。

「人に振り回されずに生きるには」の続きを読む…

リーディングの師匠あっくんとの出会い

六角形

あめのんです

今日は私がセラピストのイベントを開催していた時に知り合った佐藤彰さん(通称あっくん)との出会いをお話しします。

あっくんとの出会いはセラピストイベント

あっくんとはもう5年くらいのお付き合いになります。当時あっくんはリーディングを主体に活動していました。

リーディングっていうのはクライアントさん(依頼者)の心や体のエネルギー状態を読み取ることです。お医者さんが診断するようなもので、リーダーは集中してクライアントさんのエネルギー情報を読み取ります。いわゆる霊視とか透視というものです。

あっくんのリーディングを受けて感銘したので(どう感銘下かは個人的なことなので秘密です)それでリーディングを自分も体得したくて伝授をお願いしました。

リーディングの技術は伝授と言って師匠から技を受け取ると、訓練は必要ですが誰でもできるようになります。

慣れないエネルギーには酔います

よくスターってオーラがあるっていいますよね?あんな感じであっくんの持つエネルギーの強さは近くで感じるとエネルギー酔いしてしまうほどでした。

エネルギー酔いっていうのは慣れないエネルギーに触れるとクラクラとめまいがしてしまうのです。今はもう慣れたので酔ったりすることはありませんが。

ヒーラー(病気の人を回復させる人)の方でもエネルギーが強い人に近づくと

クラクラするほどの方がいます。あの赤坂のあの方とか(笑)

「リーディングの師匠あっくんとの出会い」の続きを読む…

瞑想していた時に起きた面白い出来事

瞑想
あめのんです

今日は5年くらい前に私が瞑想会を開いた時に起きた面白い出来事についてお話します。かなり天使の話や前世の話がバンバン出て来ますので抵抗がある方はスルーで(笑)

 Mちゃんとの出会い

まずこの話に欠かせないMちゃんとの出会いから説明しますね。

4、5人くらいで私の家に子供を通じて知り合ったママ達が集まった時がありました。私が前世を見ることができるということでみんなが自分の前世を知りたい!と盛り上がりました。

そこで私が一人ずつ前世を見ていったのですが、その中の一人(Mちゃん)の前世だけがなぜか見えませんでした。

それでMちゃんの手を取って一緒に目を閉じて心の奥深くに降りていけるような言葉がけをしながら問いかけて見ました。

私が「何が見える?」と聞くとMちゃんは「石畳が見えて」と状況を説明し始めました。

「瞑想していた時に起きた面白い出来事」の続きを読む…

自己啓発セミナーのトラウマその2

自己啓発トラウマ2
あめのんです

前回の続きです。自己啓発セミナーを受けて家族に心配をかけた話をしています。
>>自己啓発セミナーのトラウマその1はこちらから<<

自分ではないようなポジティブさ

そのセミナーで受けたワークはインナーチャイルド(子供の頃の自分)を抱きしめたり、セミナー参加者と自分の悩みをシェアしあったり、潜在意識に働きかけるようなものが多かったです。

 

セミナー後の変化で1番不思議だったのは苦手な車の運転が全く平気になったことでした。狭い駐車場でも全く躊躇せずに入るし。苦手なUターンもスルッと出来ます。それから私は理解力が遅いと思っているのですが、その時は人の言っていることがよくわかるようになりました。人に説明する時もとてもうまく出来ていたことを覚えています。

多分、苦手という思い込みが外れたんだと思います。自分へのネガティブな思い込みって本当にいらないですよね。そのネガティブな思いが素晴らしい可能性を閉じてしまっていることが多々あります。その時は心の中と外が一致していてストレスがなくとても楽な状態でした。

「自己啓発セミナーのトラウマその2」の続きを読む…

自己啓発セミナーのトラウマその1

okoraretemoheiki

あめのんです

今日は28歳の頃に友達に誘われて行った自己啓発セミナーでの出来事をお話しします。心の奥にあった思いを思いっきり掘り下げていったときに自分がどう思っていたのかを知ることになりました。

5日間あるセミナーの約束

もう10年以上も前のことなのであまり詳細には覚えていませんがこのセミナーの後に死にたくなるほど苦しみました。親にも随分と心配をかけることになったので未だに親にはこのセミナーの話は口に出しません(笑)

 

通っていた先のエステティシャンの方に自己啓発セミナーに誘われて、なんとなく行きました。多分その人があまりにもポジティブだったので自分もそうなりたかったんだと思います。

 

そのセミナーは企業研修にも取り入れられているような類のもので会場はポートメッセ名古屋でした。セミナーでの約束は5日間毎日参加することという約束でした。お金払って行くのに5日間参加するのなんて当たり前じゃないかと思っていました。

 

ところが私は4日で脱落することになりました。なぜかはまた後でお話しします。そのセミナーではいろんなワークがあってその中の一つに心の奥に階段で階段で降りていくワークがありました。大事な人になんて声をかけますか?というような問いがあって、私は亡くなった父親に向かってこう言いました。

 

「生きていてくれさえすればよかった」と。

 

普段父親に対してそんな風に思っていたことはあまりなかったと思います。私の心の奥底に眠っていた気持ちにそんな思いがあったとは思わなかったので意外でした。

この言葉は今も何かあるとそう思うようにしています。大事な人には生きていてくれさえいればいい。

イライラすることがあっても自分の子供が生きていてくれるだけで充分だと思っています。

「自己啓発セミナーのトラウマその1」の続きを読む…