楽になる生き方

楽な生き方

あめのんです。

今日は私が昔と思うと状況に関わらず楽に生きていることが多いのはなぜか?について考えてみようと思います。

どちら側の感情をもつ自分でも受容する

年を重ねるほどに気持ちが身軽になって来ているのはなぜだろうかと考えたら

自分のことをダメでもダメじゃなくてもいいと思っているからだと思えました。

ダメじゃなくてもいいというのは、逆に優れていてもオッケーということです。

自分が他の人よりも優れていなければいけないというのとは違います。

例えばテストはいつも1位でなければいけないと思うのと1位でも2位でも最下位でもいいと思っているのとでは全然違いますよね。

小さい頃の記憶は劣等感を感じていたっぽい

小さい頃はやっぱり人と比べた記憶がたくさん思い出されます。

まずは小さい頃は算数が苦手でした。もちろん今も苦手なのは何も変わらないです。でもそれを自分の中で劣等感として抱えていません。母親に算数の宿題を見てもらっている時にノートを床に叩きつけられて怒鳴られた記憶や家族から算数C(ABC評価)とあだ名で呼ばれていた記憶もありますが今はそれに対して笑い話にできるほどに傷にはなっていません。もちろんこうして覚えているので子供の頃は恥ずかしかったんだと思います。

中学になっても高校になっても数学はずっと苦手でした。高校3年の時に塾のアルバイトの大学生に「この時期にこの公式がわからなくて大丈夫?」と言われた時にはこいつには二度と聞かないと心に誓いました(笑)

「楽になる生き方」の続きを読む…

亡くなった方からのメッセージ

亡くなった方からのメッセージ

あめのんです

今日は「死」についてのエピソードをお話ししようと思います。

私は父親が自殺した影響なのかはわかりませんが死をどう捉えるかを考える機会が多かったように思います。

自殺すると地獄に落ちる?

自殺をすると地獄に落ちるとか、自殺はとても重い罪だから深い闇から出られないと言われたことがありましたが私はそうは感じません。

その言葉は自殺を思いとどまらせる為に誰かが考えたとしか思えません。

自殺したいっていう気持ちは苦しいことから逃れたいと気持ちだろうし死にたいという精神状態は自分では抜けるに抜けられない状態だと思うんです。

父親の今の状態を感じてみて、私は地獄説を否定します。何度も生まれ変わる間の魂の経験の一つに過ぎないと感じます。だからって自殺してもいいと言ってる訳ではありませんよ。残された側だって亡くなった人の魂が地獄にいるって考えて、何か救われることってあるのでしょうか?

延命治療での出来事

以前に私の親戚でこんな出来事がありました。その方(Aさん)は入院していて話せない状態でした。ある日その方のご先祖様が私の家にきました。霊感の強いDちゃんが遊びにきていて、玄関に誰か来たよ!っていうので意識を向けてみると。深く帽子を被った男性の姿を感じました。

用件を聞いてみるとAさんの延命治療はやめてほしいと家族に伝えてと言われました。私は自らそれを伝えるのは拒否しました。もし延命治療するべきかどうかを親戚が私に聞いているならお伝えはするけれど、周りの家族が聞いてきている訳ではないですし。延命治療するかどうかでもめているのは知っていましたが、そのことは伝えにくいなと思ってどうすることもできずにいました。

「亡くなった方からのメッセージ」の続きを読む…

氏神様と産土神社

産土神社

あめのんです。

皆さんは産土神社(うぶすな)神社ってご存知ですか?生まれた時から死ぬまでお世話になる一生変わらないあなたの神様です。あなたの専属の神様と言ったところです。

産土神社は自分のルーツ

以前義父が入院していた時にお見舞いに行ったのですが、お見舞いの後に義父の産土神社にお参りに行ったことがありました。義父のことを産土神様にお願いしていたら先ほどお見舞いで行った病室の匂いが参道に立ち込めてきたことがありました。匂いは私にしか感じなかったようでしたが産土神様が義父のことをわかったよと言ってくれたんだと思って安心しました。

自分の産土神様を知って普段から感謝するようにしているとしっかり繋がってサポートしてくれます。自分の魂のルーツでもある神様なので恋愛成就の神社を何件行っても効果がないようでしたら産土神様に行くことをお勧めします。

毘沙門という地名にある神明社

私の産土神様は子供の頃は毎日のようにその神社の滑り台で遊んだり、ラジオ体操も子供会の行事も全部そこだったのでとてもお世話になりました。大人になってから20年ぶりくらいに行ってみたら神明宮だと判明。つまりお伊勢さん系(アマテラス大神)です。神社のある住所が毘沙門という地名で神様も仏様もミックスな感じです(笑)

参拝に行きたくても産土神社が生まれた土地から遠く離れている方も多いと思います。お参りに行くのは難しいかもしれませんね。そんな時は遠隔参拝(遠くから気持ちだけの参拝)でも効果はありますのでその神社の写真などインターネットで探して写真を見ながら今までのことなどお礼参りしてみてください。その神社を思って感謝すれば思いは通じます。

氏神様と産土神様の違い

昔は氏神様(自分が住んでいるところから近い神様)と産土神様は同じなことが多かったんですが今は中々生まれた土地から出ずっと引っ越さずにいることは少なくなりましたよね。となると今は氏神様と産土神様が違う方が多いです。

私が以前親交のあった神主さんや家相の先生から氏神様への参拝は大事だと聞いていたので、引っ越しするたびに引っ越し先の氏神様に挨拶に行ってました。子供のお宮参りや七五三なども氏神様にお参りに行っています。

「氏神様と産土神社」の続きを読む…

パワーストーン ターコイズの効果

indiantakoizu

今日は30年ほど前から家にあるインディアンの人形の話です。

インディアン人形は家の守り神

私の兄が中学の時のアメリカ旅行のお土産でした。小学生の頃はちょっと怖い印象があったりしましたがずっと部屋に置いてありました。ある時その人形を戸棚の奥にしまっている夢を見ました。人形をしまって扉をきっちり閉めて振り返ると目の前にその人形がいるという夢でそれはそれは怖かったです(笑)

ふと3年くらい前に人形のことを思い出したので実家に聞いてみました。母親が他のものはほとんど捨てちゃったんだけど何故かこれだけはとっておいたのよとのことでした。捨てられなくてよかった。

もうインディアン人形はうちに来たがっているとわかったので家に持って帰りました。スピリチュアル仲間のMちゃんがスタジオ(うちの別棟)に居たがってるよというので家ではなくてスタジオにいつも守り神として鎮座してもらってます。

 子供と一緒に遊ぶインディアン

ある時うちの子供とM ちゃんの子供が遊んでいる時に家で子供たちの写真を撮ったのですが、スタジオにいるはず人形にそっくりな顔が写ってました。一緒に遊びたかったんだねって。子供たちは怖がってたけど(笑)うちの守り神だからと言い聞かせました。

「パワーストーン ターコイズの効果」の続きを読む…

方位移転 家相 愛知

方位移転 家相 愛知

あめのんです

今日は私がお世話になった家相の先生のお話をします。

方位移転とは吉方位に引っ越しをして運気をあげること

この方も以前にお話した神主さん同様、子供の頃から親交のあった方で方位学と家相を見てくれる方でした。方位学というのは引っ越しをする際に良い方位に引っ越して運気をあげるというものです。

家相は風水のようなもので間取りで吉凶を判断するものです。

その方は以前に話した神主さんとも親交のある先生で、先生の予言は当時は本当に脅威に感じていました。なぜかというと通りがかった場所で3日後にガス爆発が起きるって言って本当に起きたという話を聞いたからです。

「方位移転 家相 愛知」の続きを読む…

ガネーシュヒマラヤンのパワーストーン

ガネーシュヒマラヤ

あめのんです。

今日は私の妄想かもしれませんが、随分とぶっ飛んだ話をしてしまいます。宇宙人に興味を持つとどんどんそういうことが起きる気がするので最近はあまり考えないようにしていました。

過去の不思議な体験を2つお話します。

家の中を歩く巨大な黄色い足

最近は感じないのですが以前家の中を巨大な足が通る感じがしたことが何度かありました。黄色くて毛がフサフサと生えていて象みたいな感じです。しかもいつものっしのっしとゆっくりと通り過ぎていってしまうだけで黄色い脚しか見えないんです。

あれはなんだったのかなぁ。タイムマシンがあったら今住んでいる家の大昔を見てみたりしたいです。もしかしするとマンモスとか歩いていたりしたかもしれませんよね。

おでこに目が一つの宇宙人??

もう一つのこの話は息子が3歳くらいの時のことです。買い物から帰ると机の下に何かいる気配がしました。凝視してみるとおでこに目のあるニコちゃん大魔王(話が古くてわかんないかな?)みたいなサイズで、リロ&スティッチに出てくるプリークリーみたいな顔の宇宙人がいる、、と感じる。

それで、お前の夢を叶えるから俺の条件を飲まないか?とテレパシーで言ってきた。それはその宇宙人の子供を産んでくれという条件でした。夢も叶えて欲しいし宇宙人の子供ってどんなのか興味もあってOK してみました。

そうしたら小さくなって私のお腹に入ってきたのです。え?子供産むって言ってるけど本人が入ってきてこの後どうなるわけ???それからお腹にその宇宙人を感じつつ2日くらい過ごしていました。

「ガネーシュヒマラヤンのパワーストーン」の続きを読む…

愛知で姓名判断

姓名判断

あめのんです

今日は私の趣味の一つでもある姓名判断の話をしようと思います。

姓名判断で変わったこと。

私が姓名判断に興味を持ったのは、義理の父のお父さんが姓名学を職業としていたそうで、義理の父に勧められて二十歳の時に名前を見てくれるところに行ったところから始まります。

今思うと笑っちゃいますけど、その先生に画数を見て言われたことが
・ 男の人に縁遠い
・ 努力が報われずバケツに穴があいている

でも女性は結婚したら苗字が変わるからねぇと言って名前変えても仕方ないみたいな言い方をされました。いやいやいやそんなこと言われて今後気になっちゃうじゃないの(笑)
と言うわけで結婚したらまた改名しますからと頼み込んでリストを出してもらいました。

実際、20歳の時に男の人と縁遠いって言われて思い当たることは、、、思いっきりありました(笑)

名前を変えてからは全然違います。どう変わったかはあまり細かくは言いませんがお付き合いの期間が長続きするようになりました。

もう一つの努力が報われないと言うのは、当時を振り返っても受験に失敗したことくらいしか思い当たりません。

その後の努力が報われたのはダンスでしょう。子供を産むまではずっとダンスに打ち込めたましたのでとても幸せな努力でした。ダンスは明らかに私に努力は報われることを教えてくれましたし人生を豊かにしてくれました。

ネットの普及で姓名判断は身近に

今はインターネットで画数での吉凶だったり陰陽の組み合わせだったりも簡単に調べられるようになったので便利になりましたね。

姓名学は流派もいろいろありますので、旧漢字で数えたりすることで画数が変わったりもあります。その流派で名前を決めたらそれを信じることが大事なんですけど、流派の違いによって画数が変わるのが気になる方は旧漢字を避けたりすることでどの流派でも良いとされる画数の字を使えばいいと思います。

私は29画と言う女性だと後家数と言われる数を持っていました。要するに夫がいなくなっちゃうと言われる画数。そんなの信じたくないけど知ってしまうと気になる(笑)しかも母も祖母も29画で二人とも実際に夫がいなくなってしまっています。これは家系なんじゃないかしらとビビっていました。

あとは気がきついとされる21画。確かに私は気がきついところはあります。勝負強くなりたい人は使うといい画数です。

あめのんは熊崎式

名前の画数が悪くたって大成している方はたくさんいますのでネガティブに気にしすぎるのはよくないですが、運気アップに使ってみるのは是非是非お勧めします。

ちなみに「あめのん照る」は馴染みのある熊崎式姓名学を使って自分でつけました。実は戸籍の本名は必要な時以外は全く使っていません。

会社の屋号やペンネームも縁起の良い画数の名前ででスタートして見てはいかがでしょうか?

私でよければ格安で相談乗りますのでラインなどでメッセージくださいね。

 

>>LINE@から友だち追加してくださる方はこちらから<<

あっくんセミナーの感想 2017.08.20

図形メソッド

あめのんです。

今日は2017.08.20の佐藤彰氏(あっくん)のセミナーを振り返ります。
図形を使ってある動きをすると瞑想するのと同じ効果が得られるメソッドです。

私はこのメソッドを知って1ヶ月ほどになります。実際どんな変化が起きてきたかと言うと玉ねぎの皮がむけていくように心が敏感になってきました。人それぞれの望む変化が起きてくるのでみんなが敏感になると言う訳ではありません。心の奥の望む自分が顔を出してきます。

状況に左右されない自分に出会う

例えば、好きなアーティストのコンサートに行ったりして感動すると心が洗われて素直にピュアになったりしませんか?あんな感じで心が無防備になってホッとします。無理に大人になって我慢したり自己犠牲したりすることがとても無意味に感じます。

こうして毎日のようにブログを書いているのも私にとって必要なものを選択する為のプロセスだと感じています。

「あっくんセミナーの感想 2017.08.20」の続きを読む…

人に振り回されずに生きるには

自分軸で生きるあめのんです。

今日は何を書こうかなと考えながら書いています。これっていい傾向ですね。だってもう書くことがないくらいに吐き出して行くことで心の奥にアクセスできますからね。ブレインダンプってやつです。

図太く生きていきましょう

私はビビリな性格なので若い時は失敗が怖かったり、ちょっとしたことで落ち込んだりしていました。最近は昔よりは随分と図太くなりました。

私の師匠でもある亡くなった神主さんが言っていたことを思い出しました。小さな子が殺されたりすることがあるけどあの魂は何度も生まれ変わっている魂で、経験の多い魂ほど困難な経験を選ぶと。人間界での修行を終える頃の位の高い魂だと言っていたことがありました。

またまた前世の話になりますが、私は息子が赤ちゃんだった時に夜中にぐずる息子を抱いているとなぜか落としてしまったらどうしようって思うことがありました。落としたいという考えが浮かんだらどうしようって怖くなるのです。そんなこと思っちゃいけないしそんな思いがよぎるなんてどうかしてると思って誰にも言えませんでした。

でも当時ママ友が子育てで悩んでいた時に私も夜泣きされるとこんなこと考えちゃうんだよねと伝えると、、そんなのしょっちゅうだよと言われてびっくり。

そんなこと考えるのは自分だけじゃないんだと。

「人に振り回されずに生きるには」の続きを読む…

リーディングの師匠あっくんとの出会い

六角形

あめのんです

今日は私がセラピストのイベントを開催していた時に知り合った佐藤彰さん(通称あっくん)との出会いをお話しします。

あっくんとの出会いはセラピストイベント

あっくんとはもう5年くらいのお付き合いになります。当時あっくんはリーディングを主体に活動していました。

リーディングっていうのはクライアントさん(依頼者)の心や体のエネルギー状態を読み取ることです。お医者さんが診断するようなもので、リーダーは集中してクライアントさんのエネルギー情報を読み取ります。いわゆる霊視とか透視というものです。

あっくんのリーディングを受けて感銘したので(どう感銘下かは個人的なことなので秘密です)それでリーディングを自分も体得したくて伝授をお願いしました。

リーディングの技術は伝授と言って師匠から技を受け取ると、訓練は必要ですが誰でもできるようになります。

慣れないエネルギーには酔います

よくスターってオーラがあるっていいますよね?あんな感じであっくんの持つエネルギーの強さは近くで感じるとエネルギー酔いしてしまうほどでした。

エネルギー酔いっていうのは慣れないエネルギーに触れるとクラクラとめまいがしてしまうのです。今はもう慣れたので酔ったりすることはありませんが。

ヒーラー(病気の人を回復させる人)の方でもエネルギーが強い人に近づくと

クラクラするほどの方がいます。あの赤坂のあの方とか(笑)

「リーディングの師匠あっくんとの出会い」の続きを読む…