楽になる生き方

楽な生き方

あめのんです。

今日は私が昔と思うと状況に関わらず楽に生きていることが多いのはなぜか?について考えてみようと思います。

どちら側の感情をもつ自分でも受容する

年を重ねるほどに気持ちが身軽になって来ているのはなぜだろうかと考えたら

自分のことをダメでもダメじゃなくてもいいと思っているからだと思えました。

ダメじゃなくてもいいというのは、逆に優れていてもオッケーということです。

自分が他の人よりも優れていなければいけないというのとは違います。

例えばテストはいつも1位でなければいけないと思うのと1位でも2位でも最下位でもいいと思っているのとでは全然違いますよね。

小さい頃の記憶は劣等感を感じていたっぽい

小さい頃はやっぱり人と比べた記憶がたくさん思い出されます。

まずは小さい頃は算数が苦手でした。もちろん今も苦手なのは何も変わらないです。でもそれを自分の中で劣等感として抱えていません。母親に算数の宿題を見てもらっている時にノートを床に叩きつけられて怒鳴られた記憶や家族から算数C(ABC評価)とあだ名で呼ばれていた記憶もありますが今はそれに対して笑い話にできるほどに傷にはなっていません。もちろんこうして覚えているので子供の頃は恥ずかしかったんだと思います。

中学になっても高校になっても数学はずっと苦手でした。高校3年の時に塾のアルバイトの大学生に「この時期にこの公式がわからなくて大丈夫?」と言われた時にはこいつには二度と聞かないと心に誓いました(笑)

スポンサードリンク



母親には親戚と比べて何でこの子だけ頭が悪いのかしらと言われていたことも。

あの馬鹿学校だけには行かないでねと小学校の時に母から言われていた高校に行きました。この発言は母親が劣等感を抱えているってことなのかもしれませんね(笑)。というか親戚がいわゆる一流大学に行ってたからかな。

高校3年で義父が自分の母校よりレベルの低い大学は行く価値がないから行くなと言いました。私には4大でとても合格できる大学ではありませんでした。

専門学校に行くと言っても許してはもらえず、じゃあ就職すると言ったら就職する必要ないと。今思うと私も軸がないというかやりたいこともなかったんだと思います。卒業して何となく留学でもしたいなと英会話教室に行きながら1日も休みなしのフリーターをしていました。

周りに迷惑をかける前提

1年が過ぎて親が経営するダンス教室のスタッフがいないから困っているという理由で電話番とお茶汲みをすることになったのですが

母親はうちの子頭悪いから迷惑かけるけどよろしくねと周りのスタッフさんたちに言ってあったらしく随分後になってからスタッフさんから聞いて知りました。

わからないことは聞けばいい

いつも私は親に認められない気持ちに負い目を感じていましたが、今は全く思わなくなりました。なぜかというと人に聞けばいいからです。

わからないことは聞けばいい。この言葉がいつも私を助けてくれます。

あとはできてもできなくてもいい。これもとても自分を楽にしてくれます。

私は当時は親への承認欲求が強かったので、親に認めてもらってない自分を受け入れるのが辛くて自己否定気味でした。でも親に認められることが重要ではなくなった今の心境は親に認められなくてもいいし認めてもらってもいいというどちらでもよくなったのです。

これができるようになったら必要とされないと価値がないという固定観念も外れました。

人に必要とされてもされなくても良い。どちらも受容できるようになると自分の感情にオッケーが出せるようになったのです。

うーん、、人に必要とされているかどうかを重要視しないと言ったほうがしっくりくるかもしれません。人に必要とされなければならないという思いこみを取りましょうっていう意味です。

例えば将棋の藤井 聡太くんがモンテッソーリ教育を受けていたことでモンテッソーリ教育に注目が集まりました。

うちの子供も藤井くんと同じ幼稚園ですが子供が将来社会的地位があってもなくてもいいと思っています。社会的地位があってももちろんいいです。どちらにも執着しないという気持ちでいます。

人を殺してもいいみたいな人の生死に関わるような考えはもちろんダメですよ。自分の心がホッとできるようないろんな状況に置き換えてみてください。自分が執着していることに気付くのではないでしょうか。もちろん執着してもしなくてもいいですけど。

自分が気になりそうな言葉をちょっとやって見ました。

  • お金があってもいいし、なくてもいい。
  • 愛されてもいいし、愛されなくてもいい。
  • 愛してもいいし、愛さなくてもいい
  • 必要とされてもいいし、必要とされなくてもいい。
  • 怒ってもいいし、怒らなくてもいい。
  • 人から嫌われてもいいし、嫌われなくてもいい
  • 年老いてもいいし、若くてもいい
  • 自立してもいいし自立しなくてもいい
  • 人に迷惑かけてもいいし、かけなくてもいい
  • 人に頼ってもいいし頼らなくてもいい
  • 親に認められてもいいし認められなくてもいい
  • 劣等感を持ってもいいし持たなくてもいい

いかがでしょうか?

こうしてどっちの状態でも不快感がなくなると楽になりますよね?

いいという言葉を許可するとかに置き換えてみるとよりわかりやすいかもしれません。執着は手放すと楽になるという話でした。

そして手放すとなぜか手に入ることが多いんですよ。欲しい欲しい状態はない状態を引き寄せることにもなるからでしょうね。

 

>>LINE@から友だち追加してくださる方はこちらから<< 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す