あっくんセミナーの感想 2017.08.20

図形メソッド

あめのんです。

今日は2017.08.20の佐藤彰氏(あっくん)のセミナーを振り返ります。
図形を使ってある動きをすると瞑想するのと同じ効果が得られるメソッドです。

私はこのメソッドを知って1ヶ月ほどになります。実際どんな変化が起きてきたかと言うと玉ねぎの皮がむけていくように心が敏感になってきました。人それぞれの望む変化が起きてくるのでみんなが敏感になると言う訳ではありません。心の奥の望む自分が顔を出してきます。

状況に左右されない自分に出会う

例えば、好きなアーティストのコンサートに行ったりして感動すると心が洗われて素直にピュアになったりしませんか?あんな感じで心が無防備になってホッとします。無理に大人になって我慢したり自己犠牲したりすることがとても無意味に感じます。

こうして毎日のようにブログを書いているのも私にとって必要なものを選択する為のプロセスだと感じています。

スポンサードリンク



心の統合が起きる

今年のお盆は地元の葛餅バー(和菓子アイス)を食べたいと言うだけの理由で1時間以上かけて地元に行きました。その後任務完了(アイスゲット)して時間があったのでついでにお墓まいりにいきました。そこでなぜだか理由がわからないのですが涙がいっぱい出ました。行くのが嫌だなと思っていた実家にもよることになりました。見えない心の奥のわだかまりが統合されていくような感覚がしています。

望んでいた感情だと心が静かに喜んでいるのを感じます。

例えば子供の頃にしたかったのに諦めた思いだったり、向き合いたくないから逃げていたことだったりしたことが状況は何も変わっていないのに自分の中でやっとホッとできる感情に到達したりしています。

自分でも忘れているような心の深いところで自分との和解が行われている感じがします。なのでそんなに怒ることでもないのに、ものすごく怒ったりもするようになりました。あとはあっくんのセミナーに参加している人をものすごく愛しく感じたりしました。人との繋がりに今までも感謝していましたが感激レベルで感謝している自分がいるのです。

私の場合は自分が鈍感になることで心の平和を保ってきたところがあるので、今はきっと敏感になることも望んでいるんだと思います。思いっきり怒ったり泣いたり愛しく思ったりして噴出してくる感情を観察している状態です。

そんな感情を温かく俯瞰(客観的に見る)するようになりました。怒りながらも、もう一人の自分が微笑みながらまぁそんなに怒っちゃってと温かく見守っていたりするんです。自分を大事にしている行為に対しては自分を愛しく感じるし。

心の奥の素直な思いに逆らうと自分を大事にできていないので涙が出たりするようです。要するにお盆は実家に寄りたいという気持ちが素直な思いだったので行かないと決めていると少し悲しい訳です。そんな小さなことはどうでもいいと言うのが普段の感覚ですがやはり敏感になっているので泣いてしまったのではないかなと思います。

親と仲良くしたかったのね私(笑)

苦手な高速道路がホッとできる

嫌な状況の時には図形メソッドを使うとホッとできるので楽になります。

私は高速道路の運転がかなり苦手なので運転してガチガチに緊張している時に図形メソッドでホッとできるようになりました。緊張状態だと疲れるので運転中でもリラックスの状態を作ることに成功しています。

これは何かを発表する時などの緊張する場面でもとても有効だと思います。

受講された方もどんどんこれから試してもらって変化を楽しんでいただければと思います。

今回の図形メソッドはまた次回日程が決まり次第お知らせいたします。

あっくんの図形メソッドの別バージョンで体を使ったメソッドがあるのでそちらもまた紹介していきますね。これも健康になれるアプローチなのでお楽しみに。

>>フェイスブックから参加してくださる方はこちらから<<

 
LINE@でも配信していますのでお友達追加よろしくお願いします。

>>LINE@から友だち追加してくださる方はこちらから<<
 

コメントを残す