ストレス0で生きる方法 無責任のすすめ

あめのんです

皆さんはやりたくないことを我慢している時間は1日のうちにどれくらいありますか?今日はやらなければいけないという思い込みをやめてストレス0で生きる方法をお話します。

縁を切る

好きなことだけして生きている人は無理がないのでストレスもなく楽に生きています。なかなかそうできない方は我慢ばかりの辛い日々を送っているでしょう。

そんな方には無責任になることをお勧めします。自由になるにはちょっと勇気がいるんです。でも少しずつその勇気を積み重ねると振り返った時にはとんでもない無責任な人が完成です。おめでとうございます。でもそうなってしまうとそこが快適なので戻ることはできません。自己責任でお願いしますね(笑)

まぁ無責任というと乱暴な感じですが、要するにストレスになることを排除するのを最優先させていくということです。

私は最初から無責任な人だった訳ではないんですよ。以前は我慢してストレスいっぱいの毎日を送っていました。

嫌な人と付き合わない方法

例えば嫌な人から電話がかかってきたとします。お友達なのですが誘いが強くてうまく断れない。どうします?無視できます?何度もかかってくるたびにストレスを感じます。

答えは着信拒否です。はぁスッキリです。もし会って確認されてしまったら、あれ?間違えて押しちゃったのかなぁとその場では解除します。そしてまた着信拒否しておきましょう。電話がかかってきた。どうしようってドキドキするストレスから解放されます。

相手に言いにくいことが言える人なら付き合わなければすむのですが、できない人はそうしてみてください。SNSのフェイスブックとかでしたら友達解除を繰り返すくらいのところから試してみてください。あれ?解除されてた?おかしいなぁシステムの不具合だと思うと言って、また友達に戻っても後からまたしれっと解除してみてください。

主張できるようになるには訓練が必要です

だんだんと主張できるようになればこんな回りくどいことは、必要ないですけど(笑)ちなみに私は訓練を重ねたので気に入らないことはっきり伝えてブロックされる側です(ドヤ顔)そうは言っても身内、親戚、近所は難しいですよね?この辺りは達人にならないと難しいでしょうが是非達人を目指して欲しいです。

え?私は達人かどうかって?メッセージで聞いてくれたら答えます(笑)

大事なことは自分が嫌と思うことは主張することです。悲しいかな人間は弱い人を支配してしまう習性があります。謝りグセがあったり嫌なことを頼まれやすかったりする方は謝るくせが強い傾向があるかもしれません。理不尽な扱いに無関心になれるならそれが最強です。でも嫌だなぁと思うなら守ることが必要です。

スポンサードリンク



以前は私も謝る癖があったし遠慮しがちでした。でもそういう態度でいると恋愛相手は比較的主張の強い人と相性が良かったりします。その延長線上には我慢がいっぱいな生活が待っていたりします。

嫌なことを主張できない人は仕事でも、都合よく使われたり怒られやすかったりすることもあるでしょう。軽自動車だと割り込みされやすい状態と似ています。相手を怒らすのが怖くて人を伺うことに慣れるとわがままな主張してくる人間が極端に嫌に感じます。そんな人に会ったらまたストレスです。

わがままな人に怒りを感じるのもストレス

わがままな人というのは今の自分にはできないことを主張している人です。絶対ああいう人間にはなりたくないと怒りすら覚えてまたストレスを感じます。

でも、先ほどの着信拒否のようなことができるようになると、したたかに自分のやりたいことはやれるように自分の機嫌は自分で取れるようになります。

小さな1歩ですが積み重ねていくと自分の入られたくない領域は守れるようになります。嫌ならそこから全力で逃げることも戦うことも無関心になることも選べるようになっていきましょう。できることからコツコツとが変化の鍵です。

相手を責めることも責められることも気にならなくなっていきます。私は責めることが苦手だったので相手に感情的にならずに主張する練習もしました。我慢の限界で爆発する前に言えるのでこれはなかなか良い方法でした。

これについてはまた次回お話しします。

>>LINE@から友だち追加してくださる方はこちらから<<

ここまで読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す