行動する自分を創るには?

こんにちは。あめのです。
行動する自分になるって言っても
何から手を付けたらいいかわからない人
手をあげてください。

は〜い。

おぉ沢山手が上がりましたね。(私も手を挙げています)

まず、目標がある方は
そこをゴールと考えましょう。

そこに向かうには何をすればいいのか書き出してみましょう。
そして動いてみましょう。

これをするにはお金が20万かかる。
バイトしよう。
ではアルバイト情報誌を手に入れに行こう。
本屋へ行く。
というような具体的なことです。

私の場合は
具体的に目標が決められなかったんです。
何していいのかよくわからない。
ヒーリングしたいけど、需要あるのかな?
怪しげなことやってるって思われないかな?
自信ないし・・・

自分に自己嫌悪。あーぁ。

っってなってました。

でも、自分の中で答えを出そうと思っても
過去の経験からの答えしか出てこないんです。
自分の殻を破ることができない。

幾度と無く、自分は変わりたい。このままじゃ駄目だ。
何年そんなこと思ってるんだ。

そんな時はですね。
いい人ぶらずに、自分のしたいことに
素直にしたがってみましょう。

セルフイメージを創っているのは自分。
自分はできないと思ってるのも自分。

人からの評価なんて、自分の
ほんの1部です。

あんな大人しい人が・・・
あんなに明るい人が・・・
そんなニュース聞いたりしますよね。

人は両方併せ持っています。

マイナス思考が強い場合、プラスになった時も大きんですよ。
悩みがない人は、どちらの感情も弱いのです。
痛みに気づいていない訳です。
それは良いことなのかもしれませんが、
そんな人はこのページにはたどり着きません。
行動したいとも思ってないですから。

でもこのページを読んでいるということは
何かしら行動したい。
現状を変えたいと思っているはずです。

まだ見ぬ知らない自分を開拓していかないと
行動する自分になるのは困難を極めるでしょう。

流されるままに生きる時
それが自分が決めてきた課題に1番近づくと
言われています。

私はそれを聞いて、そうか
流されてればいいんだって
楽になっていた時期もありました。

でもね
力はつけていったほうが良いと思うんですよ。
自立できる力や問題処理能力。

何かが起きても対処できる強い自分やその仲間。

環境の変化に対応する力がないと
子供も大人も、生きにくい世界ですからね。

さぁセルフイメージを壊す準備はできましたか?

ケチな自分がいるなら
人に奢ってみるとか、
そんなことでもいいです。

思考の枠から出てみること。
やってみてくださいね。

>>金山さんの音声教材の購入はこちらから<<

>>あめののヒーリング付きで購入する方はこちら<<

人生思ってるより短いです。
楽しんで生きましょう。
逃げてもまた、課題はやってくるのです。