あめのん照るが占い師になるきっかけの出来事その1

enkakuhealing

どーもあめのんです。

私が普段やっているヒーリングだとかリーディングについてみなさんにわかりやすいように占い師ですと言ったりもしますが実は細かくいうとちょっと違います。ヒーリング(手を当てたりして病気の治癒を試みる)やリーディング(人の心を読んだりする透視能力)に興味を持つきっかけの出来事を今日はお話ししようと思います。

透視能力のある神主さんとの出会い

私が小学生の時のことです。両親が家を建てる時に知人を通じて紹介された神主さんとの出会いがありました。それが不思議な世界を知る事の発端です。この神主さんはいわゆる透視能力があるようで私が欲しがっている物をお土産にくれたりしました。なんでわかるの?って子供ながらに怖かったのを覚えています。

神主さんのことをバカって思ったりしたらそれもバレるんじゃないの?と怖くなり怖がるほどになぜかバカバカって言葉が頭を埋め尽くしたりして神主さんにつたわっっちゃう!!と益々パニックになっていました(笑)

神主さんは若い頃に末期ガンを宣告されたのですが、もう毎日祈るしかなくて祈りの日々を過ごしていたらある時、光が降りて来たと言っていました。そして袋を持った神様が現れて袋から薬のようなものをかけられたのが見えてそれでガンは治ってしまったのだそうです。不思議なこともあるものですね。

あと当時親から聞いたのですが神主さんに警察がこっそり遺体捜索を依頼するなんて噂も聞きました。(ご本人に確かめていないので本当かどうか未だによく知りません。)とにかく私の中では神主さんは超能力者のような存在でした。

行方不明の方を発見

ある時、私が随分大人になってから知人を通じて行方不明になった方がいると相談を受けたのでその神主さんに聞いてみたら?と言いました。そして神主さんは地図を見るだけなのですが本当にそこから発見されました。

やっぱり神主さん凄い能力だなって驚きました。まだまだいろんな面白い話があるのですがかなりついていけない話になってくるのでベールに包んでおきます(笑)

神様の会議に呼んでもらえて興奮する神主さん

これもかなりついていけない話の一つですけど、神主さんが「この前ね!僕なんてまだまだ未熟なのに神様の会議に呼んでもらえたんだよ!」ってそれはキラキラした子供のような目で興奮気味に話されるので(笑)えー!私もそんな能力欲しい!って願ってました。

神主さんが亡くなってから会いに来た??

その神主さんは9年ほど前に亡くなってしまったのですが亡くなってすぐのある日のこと。私は自宅の2階の部屋で一人で窓を開けて涼んでいるとカーテンがすごい勢いで風に吹かれて舞い上がりました。今日はいい風が入るなぁって思ったその瞬間にとっても気持ちよく暖かい空気に包まれた気分になりました。こんなに気持ちいい感覚は今までになく恍惚感とでもいうのでしょうか?

ふわーんとしていると、あの神主さんが来たってなぜか確信したんです。そして神主さんが見えたわけではないけれど「依頼していたあの件は亡くなっていても私が受けるから他の人を探さなくていいよ」と伝えてくれたような気がしたのです。

依頼していた件というのは、家の改築前の地鎮祭でした。神主さんが亡くなられてしまったので他の人にお祓いを頼んだほうがいいのかなと考えていたところでした。

その次の日からちょっと不思議なことが起こり始めました。

続きは次回にします。

あめのんの遠隔ヒーリング希望の方はこちらから登録できます

コメントを残す